ジャンル別というのがこれまたたくさん!

ゲームをまとめて見てみると、いろいろな種類があることがよくわかります。おおよそどれぐらいあるのかさえわからないぐらい、いくつもにも分類できますが、主にアクションゲーム、シューティングゲーム、パズルゲーム、スポーツゲーム、格闘ゲームなどがよく知られていると思います。

種類ごとに大きくゲームをまとめてみると、アクションゲームの中には2Dアクションゲーム、3Dアクションゲーム、聖剣伝説、キングダムハーツで知られるアクションRPG(ロールプレイングゲーム)などがあります。

古いところでは信長の野望などで知られるシミュレーションゲームでは、ゲームの舞台の中に身を置いて、任務達成を目指して考え動くというものです。

似たようなゲームにリアルタイムストラテジーものがあります。戦争ゲームが例です。リアルタイムで兵を動かすので、一瞬も目を話せない展開になるところが、シミュレーションゲームと種類を分けられるところだと思います。エイジ・オブ・エンパイアが有名です。

こうしてゲームのまとめをしてみると、なかなか面白いですね。